Google I/O 2015 の Keynote が日本時間の2015年5月29日午前1時30分に行われました。

Apple 信者の私も Google のサービスはめちゃくちゃ使っていますし、そもそもいろんなサービスが無料ですからね。私のプロフィールページである http://treastrain.jp も Google App Engine というサービスで運用しています。

さて、この Keynote の中では「Android M Developer Preview」に関する発表が行われました。各メディアなどでは主な新機能について様々な解説が行われています。 treastrain Press では、おそらくそれら主要メディアが取り上げないであろう「隠れた新機能」について記事にしていこうと思います。第1回目(シリーズ化するかはともかく…)はこちらです。

スクリーンショット 2015-05-29 21.57.52

5GHz Portable Wi-Fi Hotspot

5GHz Portable Wi-Fi Hotspot 、日本語にすると「5GHz 帯インターネット共有」とか「5GHz 帯テザリング」といったところでしょうか。

「テザリング」という言葉はこのサイトを見に来る人はほとんどがご存知だと思います。

テザリングとは、PCなどの機器をスマートフォンに接続し、スマートフォンをモデムの代わりにして、ネットワークに常時接続することである。
テザリングとは – IT用語辞典 Weblio辞書

パソコンとかゲーム機をスマートフォン経由でインターネットに繋ぐことですね。

internet_marketing_strategies
internet_marketing_strategies / FindYourSearch

現在、Wi-Fi には2つの種類があります。

一つが 2.4GHz 帯の Wi-Fi、そしてもう一つが 5GHz 帯の Wi-Fi です。この数字はそれぞれ周波数を表しています。それぞれの特徴は…

  • 2.4GHz 帯の Wi-Fi
    • 多くのデバイスが対応している
    • 障害物(壁など)に強い
    • 5GHz 帯に比べて速度が遅い
    • 電子レンジなど他の家電製品も同じ周波数帯を使用しているため、電波干渉などにより不安定になりやすい
  • 5GHz 帯の Wi-Fi
    • ほとんどの家電製品で使用されていない周波数帯なので、安定している
    • 2.4GHz 帯に比べて速度が速い
    • 障害物に弱い
    • 古いデバイスは対応していない

というような感じです。

そして現在、Android 端末で行われるテザリングは 2.4GHz 帯を使用しています。テザリングなどは外出先で行うことが多いと思いますので、速度が速くて電波干渉の少ない 5GHz 帯を使いたい……と思っても無理だったんですね。そこで今回の新機能が活きてくるわけです。

結局この新機能は何なの?

5GHz Portable Wi-Fi Hotspot 、この新機能を一言で言うと

Wi-Fi テザリングをするときの速度が早くなる

ということになります。やったー!

e214a5f1f27b6eb590d70b9f0263d672_l

アップデートすれば使えるの?

おそらく、Android M Developer Preview にアップデートすることでこの機能は使用できると思いますが、そもそもスマートフォン端末の Wi-Fi が 5GHz 帯に対応している必要があります。5GHz 帯で Wi-Fi が使用できていれば問題ないと推測されます。

ですが、Android M Developer Preview は現在開発者向けに提供されていて、一般ユーザーが自分でアップデートすることは完全に自己責任になります。

また、日本の Android 端末は多くの機種が各携帯キャリアによって独自仕様に変更されているので、そもそもアップデート出来ない端末もあります。

各デバイスにくる正式なアップデートを待つのが一番だと思います。

Google Nexus 6 _ 19
Google Nexus 6 _ 19 / TechStage

じゃあその正式なアップデートで使えるようになるの?

日本では 5GHz 帯の Wi-Fi のうち、W52 と W53 というチャンネルは屋外で使用できないことになっていて、屋外で使用できるチャンネルは W56 に限られます。

また、この W56 を使用するためには毎回、一分間の「DFS チェック」が必要になります。詳しい説明は割愛します。

まとめると、

日本で 5GHz 帯の Wi-Fi を使うテザリングには多くの制約事項がある

ということになります。

話を簡単にするために多くの説明を省きましたが、2.4GHz 帯の Wi-Fi テザリングはスイッチをオンにした瞬間から使えますが、5GHz 帯の場合は最短でも一分間待たなければなりません。

この機能は家でのネットもすべてスマートフォンの回線に一本化している人にとってはとても良い物になるでしょう。

まとめ

この 5GHz Portable Wi-Fi Hotspot という新機能、これに対応した Google の行動はもちろん間違っていません。また、 Keynote でもスライドにちらっと映っただけですので、気づいている人も多く無いと思います。

しかし、この機能は世界的に見ればとてもうれしいアップデートです。今後の Android のアップデートに期待しましょう!

Android M Developer Preview のインストールが確実に出来る端末は Nexus 5 / 6 / 9 です。 Nexus 9 の購入はこちらから出来ます。