現地時間 2015年9月1日、Google のロゴマークが変更されました。
この事は多くの方がご存知かと思います。

新しい Google のロゴのベースとして使われているフォントについて少し記事を書きたいと思います。

セリフからサンセリフへ

googlelogo_color

こちらが新しい Google のロゴマークです。
まぁ、この treastrain Press を訪れる人でこの新しいロゴを見たこと無い人はいないでしょうから、
わざわざ説明する必要もありませんよね。

見れば分かる通り、サンセリフのフォントに変わっています。
しかし、このフォント、あまり見たことがありませんね…。
いや、初めて見ました。

この新しいフォント、Google Design の
Evolving the Google Identity というページにて説明が書かれています。

 

むむむ… Product Sans…

Google が作った新しいフォント

こちらのフォントは「Product Sans」という名前です。

Google が作った新しいフォント(多分)とのことで、
今後、Google の親企業となる「Alphabet」のロゴにも似ていますね。

また、これからどんどん この Product Sans を Google のサービスロゴなどに
使用していくとのことで、今までのマークに慣れ親しんだ人は少し違和感を持つかもしれませんね。

 

私、とある人の影響も少し受けて、様々なフォントを調べたりすることが好きなんです。
例えば、こちらのマーク、私がネット上の様々な場所で使っているマークなのですが、
Logo_opt_light
この「treastrain」という文字、こちらに使っているフォントは
Apple の San Francisco というフォントです。
OS X El Capitan や iOS 9、Apple Watch のシステムフォントですね。

このフォントが気に入っていることと、
ちょうど San Francisco が世に出た時にこのマークを作っていたことから、
採用しました。

試しに Product Sans を使ってみたいな〜

そう思っていた所、独自のルートから Product Sans の Regular を
入手することが出来たので、それを使ったマークを紹介していきたいと思います!

Product Sans を使ってみた

① treastrain マーク

まずは先ほど紹介した treastrain のマーク、Product Sans バージョンです。
Logo_psrおお…
意外と違和感が無いように感じますが、どうでしょうか?
というか、もとの San Francisco の方よりも字間が狭く取られていて
私は結構好きです。
(こっちに全てを変更しようかな…)

② treastrain Press マーク

みなさんがいま訪れている Web サイト、treastrain Press のマークを
Product Sans にしてみました。
おお…
こちらもあまり違和感がありm…

結構違和感ありますね…

元々、「treastrain Press」の文字が大きく取られているマークですから、
違和感を覚えるのも無理は無いでしょう。

でもこれはこれで いいデザインのような感じがします。
だんだん気に入ってきました。このフォント。

③ その他

最後に適当な単語をこの Product Sans で表示させていきたいと思います。
sampleいかがでしょうか?
どの文字もマテリアルデザインを思い出させる
シンプルなデザインですが、視認性が高く、
遠くから見ても読み間違えることがない書体になっていますね。

ぜひとも使っていきたいフォント

Google の作る Noto といい Product Sansといい、めちゃくちゃ気に入りました。
もしかしたらこのフォント、様々な場面で使用するかもしれません。
(ライセンス的にはどうなんだろう←マズいよな)

 


P.S.

このサイトのヘッダー、
「treastrain Press」と表示されている部分、
ランダムで Product Sans バージョンのマークに変わっていることに
気が付きましたか?

もし いま表示されていなければ、再読み込みを数回試してみてくださいね。