急ぎで書きます。可能な限り速くページを読み込めるよう、画像の大きさを極力小さくしています。

画面の明るさを”超”最小限にする

iPhone は画面を明るく光らせるために、バッテリーを多く消費します。
明るさは iPhone の画面下から上にスワイプして表示できる「コントロールセンター」から調節できます。一番左が「最も暗い」です。

IMG_7987

しかし、夜間では 最も暗い設定でも iPhone の画面が明るいと感じることがあります。
そんなときは「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ズーム機能」に進んでください。

IMG_7988

「ズーム領域」をフルスクリーンズームに、「ズームフィルタ」を低照度にします。
「ズーム機能」のスイッチをオンにすると iPhone の画面が拡大されるので、
3本指でダブルタップしてください。これで iPhone の画面の明るさが最も暗くなりました。

IMG_7989

使用しない無線通信を OFF にする

iPhone には Wi-Fi や Bluetooth といった無線通信機能があります。
停電などで Wi-Fi のアクセスポイントが使えず、携帯電話回線での接続のみになるような環境であれば、Wi-Fi の通信機能をオフにしてしまいましょう。Bluetooth も同様です。
iPhone の画面下から上にスワイプして表示できる「コントロールセンター」から設定できます。

IMG_7990

上のスクリーンショットは「Wi-Fi オン、Bluetooth オン」の状態です。
iPhone は Wi-Fi に接続されていないと 接続可能な Wi-Fi を探そうとしますので
その分バッテリーを消費します。

緊急速報を受信する

緊急地震速報を始めとする緊急速報を iPhone は受信することが出来ます。
「設定」>「通知」へ進み、「緊急速報」のスイッチをオンにしてください。

IMG_7991

おやすみモードにする

災害などでは様々なアプリケーションから通知が来てしまい、周囲の方々に通知音などで迷惑をかけてしまう可能性があります。
iPhone の画面下から上にスワイプして表示できる「コントロールセンター」から設定できます。
IMG_7994

上のスクリーンショットは「おやすみモード オン」の状態です。
おやすみモードをオンにすると iPhone に通知が届いても、通知音がならないだけでなく バブレーションもなりません。
メッセージや LINE、Twitter などサードパーティのアプリケーションの通知が一切なりませんので、誰かからの連絡に気づかなくなります。
電話に限り、設定を変更することで通知を一部許可できます。
「設定」>「おやすみモード」より設定してください。

緊急速報は、おやすみモードのオンオフに関わらず、緊急速報を受信する設定を行っていれば受信、通知がなります。

「ゆれくるコール」や「Yahoo! 災害情報」などは、「サードパーティのアプリケーション」ですから通知がなりません。

低電力モードをオンにする

低電力モードをオンにすると、iPhone を 80%以上充電できるまでバッテリー消費が一時的に抑えられます。(バッテリー残量が80%以上でも低電力モードをオンにすることが出来ます。)
「設定」>「バッテリー」から「低電力モード」のスイッチをオンにしてください。
低電力モードがオンになると、画面右上のバッテリーアイコンが黄色に変わり、バッテリー残量の割合が表示されるようになります。

IMG_7996 IMG_7997

バッテリー残量を大切に!

iPhone や iOS は元々、バッテリーを大きく消費しないように作られていますが、それでも使い方によって大きく変動します。バッテリー残量を大切に。